専業主婦 生活

MENU

 

専業主婦は楽なのか大変なのか

私は高校卒業後就職して働いていましたが、出産を機に退職させていただきました。その会社は当時結婚後も仕事を続けて出産を機に退職する人が多くいました。

 

私もそうすればいいやと簡単に考えていて1人目を出産後に退職しました。

 

退職して専業主婦になったものの、当時は義両親と同居していたため気を使うことが多くて楽だと思ったことはありませんでした。

 

でも仕事をしている時より家事に時間をかけることが出来るようになったのは良かったと思っています。

 

その後夫の転勤により引っ越して核家族となり、子供も幼稚園に通うようになると自分の時間が持てるようになりました。

 

引っ越し先には専業主婦の方も多くいて、働いていないと言ってもそれほど珍しがられることはありませんでした。
それでも働いていないとなると自由な時間があるわけで、学校のPTAの仕事が回ってくることがよくありました。

 

働いている人は「仕事があるからできない」と言って断るため、専業主婦の人に「仕事してないのなら出来るでしょ?」という感じで。

 

専業主婦だからと言って皆時間があるわけでは無いと思うのですが、専業主婦=暇というイメージがあるのは事実だと思います。

 

近所の専業主婦の方は毎年PTAや子供会や何かしら役員をやっていました。
もちろん働いていてもちゃんと役員をやる方もいらっしゃいましたが、当時は「仕事をしているから」と言えば許されることもあったようです。

 

その点は不公平な気がしました。

 

自分自身専業主婦の方が向いていると思うのでずっと家にいますが、妹は子供を3人育てながらずっとフルタイムで働いています。

 

私にはとても出来ないと思うので妹を尊敬しています。
しかし妹からすると、家にずっといるなんて耐えられない、育児休暇の1年が限度だと言います。

 

だからずっと家にいる私を尊敬していると。
お互い性格もタイプも違うのでこんなものかもしれませんが、考え方は違うものなんですね。

 

「働いていると自分の自由になるお金がある」というのは私にとっては羨ましいことです。
専業主婦は自分が直接稼いだお金は無く、夫が働いてくれているから自分も生活できています。

 

経済的には頼り切りなので、自分のことでお金を使うことが躊躇われます。
「お昼は友人とランチ」など私には出来ません。

 

もしそういう機会があれば申し訳なくてたまらなくなります。
自分は働いて収入を得ているわけでもないのに、夫のお金で遊ぶなんて・・・と思ってしまいます。

 

専業主婦と言ってもそれぞれいろいろ事情があると思います。
専業主婦だからこうだと言って決めつけてほしくないです。

関連ページ

専業主婦歴13年目になります。
専業主婦歴13年目の生活について。
専業主婦もお気楽に暮らしているわけではないのです!
専業主婦もお気楽に暮らしているわけじゃないんですよ。
専業主婦は決して楽じゃない
専業主婦は決して楽じゃないんですよ。
ハードルは高め、肩身は狭めな日々
ハードルが高く、肩身の狭まい日々を送っています。