専業主婦 生活

MENU

 

夫の家事に対するハードルが上がった・・・

結婚をして半年、妊娠をきっかけにパートを辞めて、専業主婦に転身しました。
夫の性格にも寄ると思いますが、私が大変だな?と思ったのは「夫の家事に対するハードルが上がった」点です。

 

共働きの時はいくらパートとはいえ、平日は毎日ですし、残業もありました。
家事も帰宅後か土日にまとめて!が多かったので、「私、洗濯物干しちゃうから、食器洗いよろしく!」と頼む事も出来ました。

 

平日は多少部屋がゴチャゴチャしていても、「土日に大掃除するから!」と許してもらえてましたが、専業主婦になると毎日、夫が仕事に行ってから朝帰宅するまで、時間はたっぷりある訳なので、甘えは許されません。

 

何か出掛ける用事がある日は別ですが、それにしても夫が帰って来る時間には家にいるので「一体、昼間何してたの?」とツッコミが入ります。

 

頼めば手伝ってくれるのかも知れませんが、毎日仕事で疲れてる夫に「洗い物お願い♪」とは頼みづらいですし…
たまにめんどくさいな!って掃除を休みたくなる日もあるんですが、主婦にお休みは無い様です。

 

料理に関しても、今日は時間が無いから簡単なもので!という言い訳が出来ないので、逆に毎日献立を考えるのがとにかく大変です。

 

後は、経済的に自分個人としての収入が無くなるので、少し「肩身が狭いな。」と感じる事があります。

 

今は夫婦共にお小遣い制なので、その範囲内であれば使い道は自由ですが、何か買い物をする時や友人と出かける時など、以前より夫に気を使ってしまいます。

 

最近だと自分の物を買う時は、夫に確認をしてから買うようになりました。

 

専業主婦だって立派な仕事ですが、それでお金を稼げるわけじゃないですし、私達家族を養ってくれてるのは夫ですからね。

 

感謝の気持ちを家事で!…と表現するのはなかなか難しいです…。

関連ページ

専業主婦歴13年目になります。
専業主婦歴13年目の生活について。
専業主婦もお気楽に暮らしているわけではないのです!
専業主婦もお気楽に暮らしているわけじゃないんですよ。
専業主婦は決して楽じゃない
専業主婦は決して楽じゃないんですよ。
専業主婦だからと言ってPTAの役員に
専業主婦だからと言ってPTAの役員にされています。